同人サークルVagrantsXの作品紹介サイト


新作ゲーム紹介




ブラッド・ウィッチ・プロジェクト

ある土地に根付く魔女伝説があった。
それは今から400年ほど昔の出来事。
ある村で10人の少年少女達が次々と消息を絶つ事件が起こった。
それは村に住む魔女と噂される老女ケリー・ビリガンが原因だと噂される。
10人は彼女の魔術の儀式の生贄にされたというのだ。
この噂によりケリー・ビリガンは裁判によって有罪になって処刑される。

しかしそれから以後この村があった地方で奇異な事件がたびたび発生するようになる。
それは常に10人の少年少女達が消息を絶ち、その数日後遺体となって
発見されるのである。それらは全てケリー・ビリガンの呪いが原因と言われた。

そして今から30年前に起きた事件
同じように少年少女達の犠牲者が発見されたが、同時に犯人が捕まった。
その犯人はラティス・ローという名前の中年男性の隠遁者で
彼は捕まった時に「ついに儀式は完成した」と語ったと言う。
徒歩で4時間かけて到着した警察が、彼が隠遁暮らしをしていた
ブラッド・ヘブンズの森の家にある地下の貯蔵庫で
行方不明だった10人の少年少女の遺体を発見する。
彼らはすべて儀式めいた殺され方をしていた。
それは全裸で手足を縛られており体中に奇妙な模様が刻まれ腹を裂かれ
内臓を抜かれた後に石を詰め込まれて縫合されていた。
ローはすべての犯行を認め、森に住む「年老いた女のゴースト」のために
やったのだと当局に語ったという。
しかしこれも今は昔の話。現在、この土地は遠に捨てられ廃墟となっている。

このゲームは、この魔女伝説を題材にしたドキュメンタリー映画を
作ろうとして撮影のために森に入った学生達の物語である。
その人数は偶然にも10人だった…。


※本作品は本格ホラーミステリー作品です。
悲鳴など恐怖心を煽る効果音が突然発生することがあります。
心臓が弱い方などご注意ください。



以下は開発中の画面です。










キャラクター紹介

ヘザー「今日はこれくらいでキャンプにしましょう」


ケンジ「ヘザーがリーダーなんだからしっかりな。」


コウ「何か見つけたのか?」


シャーロット「ねえ、何か見えなかった?」


エマ「ここは少し寒気がしますね。」


クロエ「地図が頼りなんだから無くさないようにしてよね」


ジョージ「選んだ道をメモしながら進むといいぞ」


ヨーコ「…何かありそうな感じ」


アンリ「何かありました?」


メアリー「…なにかを感じる。」



戻る



Copyright(C)2014- All Rights Reserved
inserted by FC2 system